2017年8月17日木曜日

延喜式古代東海道 相模国·浜田駅〜武蔵国·店屋駅のルートB: 深見神社・中原街道ルート

ここの所、

  • 橘樹郡衙〜武蔵国衙
  • 都筑郡衙〜武蔵国衙
  • 久良岐郡衙〜武蔵国衙

と、武蔵国の各郡衙から国衙までの官道をexplorerしてきた。

こうなると次は豊島郡衙か荏原郡衙ということになるが、これらは幾度となく行っているし、思いっ切り町中だしで、今一つ。

だけど、乗ヌマ駅と豊島駅の位置によっては杉並ルートと大田ルートがあるので、ぐるっと一周コースになり、それはそれで何かの時に使えそう。とっとこう。

--------------------

色々調べると、延喜式古代東海道の相模国·浜田駅から武蔵国·店屋駅間のルートが、2通りありそうだ。

  • 矢倉沢往還ルート、走破済
  • 深見神社·中原街道ルート、未走

深見神社·中原街道ルートを推す理由は以下の3つのようだ。

  1. 式内社、深見神社が官道に面するようになる(逆に、矢倉沢往還ルートだと深見神社と官道が遠過ぎる。他に相模国六社も式内社も無い。)。
  2. 瀬谷は日蓮が池上に向かう時一泊した妙光寺があり、又、北条の頃は宿場が設けられていた往古からの交通の要所
  3. 相模国分寺誌で、『駅路は大住郡箕輪駅より愛甲郡愛甲の辺りを経て、鮎河即ち相模川を渡りて浜田駅に至り、国府に達し、更にい出て深見、瀬谷を過ぎ都筑郡に通じたのである。その古道は浜田より打越、四十坂、国役奴と続いて今尚形跡を存している。』という記述がある。

こうなると、店屋(まちや、みせや、と、2通りの読み方が考えられる。)は、町谷原(まちやはら)ではなく三瀬谷(みせや、上瀬谷·中瀬谷·下瀬谷)で、更に、瀬谷から北上して矢倉沢往還ルートに復帰するのではなく、瀬谷からそのまま東進する中原街道が駅路となる。

まぁつまり、店屋駅が町谷原なら矢倉沢往還ルートだし、瀬谷なら深見神社·中原街道ルートだということか。

確かに、直進性も確保されてるし、深見神社をちゃんと通るってのもデカイ。

赤が深見神社・中原街道ルート、青は矢倉沢往還ルート

--------------------

その深見神社、創建は478年、祭神は闇龗神(クラオカミ)、式内社。
クラオカミのクラは日光が滅多に届かないような暗く深い山間の谷を表し、オカミは龍を表す。所謂水神様。直ぐ脇を流れる境川が大本の御神体か。

と、いうのも、元の拝殿本殿は境内西端の東向の稲荷社とのこと。参道が残っており下りればそこは境川。この辺りは丁度蛇行もキツく川底はえぐられ深い水 = 深見だったのだろう。

ということは古道も、東からの参道脇に出る一本実線がそれで、鹿島橋の位置にあった渡しで瀬谷に渡ったものと思われる。
渡った先も、途切れてはいるものの直進路の痕跡が見え、俄然、こっちなんじゃないの?!という気がしてきた。

左の神社マークが深見神社、その直ぐ上の赤ライン、迅速図では一本実線が記事中の古道、その境川を渡った東側に、中原街道まで、途切れ途切れだが直進路の痕跡

もう1つ。

地形図で川に注目すると、矢倉沢往還ルートは川が作る谷によるUp and Downを避けているが、深見神社・中原街道ルートは突っ切っている。この突っ切り具合が官道っぽさ満点なんだが。

しかも、矢倉沢往還ルートの谷の避け具合が絶妙過ぎる。正に避ける為のルート設定でしょう。と、なると、便利な道から不便な道に変更はしないだろうから、少なくとも、深見神社・中原街道ルートの方が矢倉沢往還ルートよりも古いんじゃないかと思う。

地形図

でも瀬谷は武蔵国じゃないんですよね。相模国·鎌倉郡なんですよ。それはでも秀吉の時に境川を武相国境としたからでしょ?との反論もあると思いますが、その前の武相国境は相模湾と東京湾の分水嶺、今の三ツ境の辺り。瀬谷区の中心地、瀬谷区役所は三ツ境の駅の近くにありますが、瀬谷村の中心地といえば宗川寺や妙光寺がある鎌倉街道沿いでした。なのでやはり瀬谷は相模国かな。

やっぱりあり得ないかなー?!
が、ということで今回は未走の深見神社·中原街道ルートを行きたいと思います。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


海老名駅まで輪行。自転車を組み上げいざ出発!!と思ったらパラパラと細かい雨が降り出してきました。せっかくの夏休みもずっと雨でストレスいっぱいだったので、今日は非常に楽しみにしてましたから、無視して出発!!

東口を出て国分関免を左折、程無く相模原台地に上がります。浜田町の丁字路の脇にあるのは浜田歴史公園で、ここが浜田駅の比定地の1つとなっています。

浜田歴史公園、浜田駅比定地の内の一つ。ひっそりとした公園です。

県道406に出、北上すると直ぐ、ひさご塚公園。ここは4~5世紀の前方後円墳です。古代東海道が通る律令より前にこの地は栄えていたということが分かりますね。

ひさご塚

ひさご塚公園の向かいの細道を行きます。この道は、相模国分寺誌に出てきた四十坂。目久尻川に向かって一気に下ります。

四十坂、ここには関があって40文の通行料を取っていたそうです。

目久尻川にかかる橋は今は小園橋、往古は国役橋と言いました。相模国分寺誌に出てきた橋です。

国役橋、その名の通り、国役として作った橋だそうです。国道(国レベルの官道)だったということですね。

国役橋を渡り次の交差点を左折、すると今なお往時の面影が残る伝古代東海道となります。

伝古代東海道

当時のまま、道祖神も

上から。掘割状の道となっているのが分かる。

ここを過ぎると暫くは延喜式古代東海道と同じ道筋となり、大塚本町の交差点一つ手前を右に折れるのが今回のルートBです。

こちらも直進性は確保されている。

その後、厚木基地で道は途切れるが、あとみ坂を経て深見神社に至り、このルートBは終了します。

昼なお暗いあとみ坂

深見神社、この入り口が往古の正式と思われる。

階段を上がると正面に見えるのは嘗て拝殿、本殿があった今のお稲荷さん

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

帰りはそのまま中原街道筋を使いましたが、Up & Downが意外に激しく消耗しました。それを考えてもこっちは不便な道。やはり、その点からも、古代東海道ではなかったとしても、延喜式より前にあった道と思われます。

2017年6月4日日曜日

武田信玄小田原攻め、先衆ルート

甲陽軍鑑によると、

“先衆は当麻、ニノ手は磯部、信玄旗本は新戸、跡備は座間で相模川を渡河した。”

という。

信玄旗本と跡備は鎌倉街道山ノ道、現代の町田街道に進路を取る東に大回りしたルートとなる。これは前々回ご紹介した。

ニノ手は御殿峠をそのまま南下し大山道、現代のR129を行き、作ノ口で県道508に南東に折れ、田尻からは県道46号を行って、磯部に至る。これは前回ご紹介した。

今回は、田尻で県道46号に行かず、そのまま県道508号を行く先衆ルートをご紹介したいと思う。


※今回は青ライン

地図をご覧いただきたい。国道、県道と重なる部分も多く、趣には欠けそうな感がある。今回のハイライトは、時宗無量光寺だろう。

無量光寺には面白い縁起がある。

サイトによれば、1261年、一遍諸国遊行の旅の途中、相模川の向こうにある依知の薬師堂に一夜の宿をとり、一心に念佛を唱えていたところ、東の空が急に光り輝き、妙見菩薩が姿を現され、お告げを得、相模川を渡り、東北方の亀形の丘に登ってみると、そこに妙見菩薩の小さなほこらを発見、上人はここに草庵(粗末な住まい)を結び金光院と名付けたということだが、一遍が無量光寺開山時に勧請したとされる三嶋神社縁起によれば、承久の乱で敗れて奥州に配流された河野通信の一子がこの地に隠れ住み、その縁から通信の孫の一遍が無量光寺を開いたという話もある。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

無量光寺山門
明治期の火事により焼失したままの本堂跡に一遍が立つ
仮本堂には河野氏の家紋が
件の三嶋神社、無量光寺のある尾根から川を挟んだ尾根に立つ。
三嶋神社由緒

無量光寺から相模川は直ぐ。先衆はここで相模川を渡河した。

昭和橋上から大山を望む

橋を渡ると直ぐ、依知神社。なんと、平将門所縁。

937年、再建。だからその前からあった。
源頼家寄進のイチョウ

この後はR129を着かず離れずの住宅街の中を行く旧道となり、そこかしこに庚申塔などあるが、フォトジェニックなものはなく、写真には撮らず。程無く、本厚木駅に到着し、輪行で帰宅した。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年5月15日月曜日

武田信玄小田原攻め、ニノ手ルート

甲陽軍鑑によると、武田軍は、

”先衆が当麻、ニノ手は磯部、信玄旗本は新道(新戸), 跡備は座間で相模川を渡河した。”

と、ある。

信玄旗本、跡備は鎌倉街道山ノ道、現代の町田街道を東へ大回りするルートを取った。これは前回ご紹介した。

先衆とニノ手は御殿峠をそのまま南下するルートを取った。

今回は、その内、”ニノ手ルート”を行く。


二ノ手ルートは青線、途中から緑線。バリエーションルートとして緑線と並行に走る赤線。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

京王線橋本まで輪行。橋本から少し御殿峠方面に戻って訪れたのは香福寺。信玄が通った頃には既にここにあったお寺だ。信玄も見たか。

香福寺、1411年に没した蔵海性珍が開山

小田原方向に折り返し寄ったのは橋本神明大神宮。1569年創建だからちょうど、信玄がここを通った時だ。

地図では大鷲神社と表記されることもあるがそれは昭和46年に勧請したもので、元はお伊勢の森と言われていた神明社。

橋本駅を過ぎ、棒杭も過ぎて、R129に合流する。今見るととてもそう思えないが、この道が信玄軍が通った古道だ。

作ノ口で左折、上溝に向かうのが信玄進軍の道。やがて、因縁浅からぬ宝光寺に着く。

1532~54年間に、八王子滝山城主・大石定久が出家し真月斎道俊と称し、現在地から東北東の本郷横山下という場所に娘の向西尼とともに庵を結んだのが起こり。

大石定久と言えば氏照が養子に入った武蔵の大豪族。八王子から正にこのルート沿いにここまで領地だったわけだ。更に、前回の座間の辺りも油井領で大石氏の領地だったから、相当に広い地域を治めていたということだ。

が、北条が勢力を付けると、氏照に家督を譲り、出家してこの寺を起こしたというわけだ。その寺の前を信玄が進軍した。

宝光寺

道はちとせ橋で鳩川を渡って、と、行くのだが、そうするとこの辺りの史跡に行くのに不便。そこで古地図を調べると宝光寺、亀ヶ池八幡、和田坂、馬坂、安楽寺を繋ぐ古道があった。明治13年時点では緑線の方が明らかに大きな道だが、これら史跡を繋ぐこちらの道も、確実にその時代まで遡れる古道である。

亀ヶ池八幡宮、和田義盛が八幡宮の北に位置する横山城に向かう折り、武運長久必勝を祈願したという言い伝えがある。
和田義盛が通った和田坂、チャリの脇にある大榎の古株は和田義盛が植えたもの。
和田義盛が架けた藤橋
馬坂、GoogleMapsでは消えていたが航空写真ではありそうだった。電子国土でもあったので行ってみたらこの通り。幅一間の中世のままの道が残ってました。1524年、武田信虎の小田原攻めの際、この辺りの農兵が軍に加えさせて欲しいと馬でさえ登ることが困難なこの急坂を駆け上がっていったという。
安楽寺、この辺りは大石氏の寺が多く曹洞宗が多いのだがここは真言宗。南北朝中期の正平22年(1367年)開基。大石氏がこの辺りで頭角を現してきたのは1356年に入間・多摩両郡内に十三郷を与えられ武蔵国目代職に補任されたという記録辺りからだから、この寺は、”大石氏前”ということだからか。
天応院、大石定久により1495年に開山
もう一方のバリエーションルートと合流後すぐに残る長屋門、勿論信玄の時代ではないが
下溝八幡、溝郷が天文(1532~55)年間に上溝と下溝の両村に分かれた際に、旧下溝村の鎮守として上溝村の亀ヶ池八幡宮から分霊を受けて建立されたとされている。

道はやがて本道(緑線)と合流し、磯部八幡に至る。ここも1356年には創建されていたといわれ、信玄も見たはずだ。

磯部八幡

この磯部八幡から磯部の渡河地点に至る。二ノ手部隊が渡河したといわれる地点だ。

二ノ手渡河地点
これで信玄軍二ノ手ルートは終わりだが、最後に、前回ご紹介できなかった信玄旗本渡河地点の新戸を。



2017年5月13日土曜日

上海の歴史、嘉定県城

嘉定は、秦の時代は会稽郡婁県に属し、隋・唐の時代は蘇州昆山県に属した(昆山も古いんですね。)。1218年(嘉定10年)平江府昆山県東部が分割されることとなり、元号を取って嘉定県となった。嘉定の始まりです。

上海中心部から地下鉄で行ける水郷古鎮の1つということで、行ってきました。



地図を見てお分かりの通り、嘉定県城は当時のお堀がまだ残っています。

また、若干斜めですが、東西南北に水路が走り、その交差点が水市(港)として発展しました。そこに1205~1207年に法華等が建立され、その北に県治が、南には学営が、東には城隍廟が設置され、県城が形成されていきました。

地下鉄を嘉定西駅で降り、mobikeをgetしてまずは西門へGo!!!
西門に向かう途中は西大街。実はここが主目的地でした。ここは当時の姿が最も良く残るエリアだからです。

西大街に西からアプローチして直ぐの風景、石畳や明清民国時代の家が残っている。

この橋は老朽化により渡れなくなっている。恐らく明時代。

西大街の、西門を出て直ぐの辺りは、やはり水路が十字していてコメの集積地点であり、更に、北に行くと1,500年の歴史を持つ護国寺もあって、城内を凌ぐ盛況振りだったと言われています。

護国寺、1,500年の歴史を持つ。
確かにこの辺りは商店が建ち並び、往時の面影を感じられる。

お堀は残っているが水門と城壁は西と南にしか残っていない。

恐らく上半分は再構築だが辛うじて残っている西水門
蔦に覆われ見つけにくい城壁。結構残っているが放置されている状態か。もったいない。
南水門
南城壁

天子南面す

の通り、中国の城は南面してます。だから南からのアプローチが正解。そして大抵はまず学営、つまり孔子廟があります。

天気も良くて清潔で非常に良かったです。

南大街で中心部に向かいます。

法華等と徳富橋、法華等は1205~1207年建立、徳富橋も明かな。
登龍橋から東方向の水郷古鎮の典型的風景

県治はもう残ってません。最後に城隍廟です。


実は法華等のある中心部だけなんですね、水郷古鎮らしいところは。でも城隍廟や孔子廟は非常に清潔だし人もさほど多くなく快適でした。西大街は往時の面影が残っていて、全体としてお勧めです。

以上です。

2017年5月6日土曜日

上海の歴史、新場古鎮

新場古鎮が形成されたのは宋の時代の1128年頃とされている。この辺りは製塩が盛んな地域で、塩田がたくさんあった。新しく塩田を開いた土地、、、ということで”新場”と名付けられたらしい。

すっかり観光地化されているものの、今も石畳の道は往時のままだし、何と言ってもここはまだ生活の場で、そこがそそられるところである。

江南古鎮の典型的風景、新場大街が川に架かる洪福橋

新場大街は南に行くに従い観光地から生活の場へ


茶を干す

行きかう人々を生活の場から眺める住民

野菜売り、近郊の農家だろう。これは違うが空豆がたくさん売られていた。旬だから。

ちまきその一

ちまきその二

良い所でした。